四万十川の釣り場    基本的なことを書いていますので一度読んでくださいね。 
四万十川を大きく分けて3つに分類します。
 1.本流上流    (大野見川、松葉川、窪川近辺) 海産、放流
 2.津賀ダム上流 (北川川、檮原川) 放流
 3.本流中下流   (家地川堰堤より下流) 海産(殆ど海産)、放流
四万十川は本流支流合わせて300km以上も鮎釣りの出来る広大な釣り場、それぞれには特徴があり初心者からベテランの方まで楽しめる釣り場と思います。

四万十川は全国的に有名な川でありながら鮎釣りに関してはかなり誤解や不正確な情報が多く四万十川をホームグランドにする私には大変残念に思うことが多々あります。

せっかく遠くから釣りに来られても広大さ故残念な結果に終わる釣り人も居ることが事実です。多少でもお役に立てたらと思いチェックポイントこれから紹介します。
四万十川の鮎、川相
本流上流 四万十上流漁協。放流が主体だが海産も遡上してくる。玉石、岩盤が多い。初心者でも釣りやすいし解禁当初から20cmも多い。

津賀ダム上流 漁協はないが協力金が必要。鮎はすべて放流。解禁当初でも20〜24cmが釣れることもあります。釣りやすい川でもあります。

本流中下流 四万十川漁協。殆どが海産ではあるが近年多少放流も増えてきてます。
流れは緩やかに見えても押しはかなり強い。底石は岩盤も多く海産の良い鮎は同じ場所では何匹も掛かりませんよね。 未だ一人一瀬も夢でないかも。
放流鮎と違う強烈なパワーの鮎が楽しめます。一番子の鮎が掛かればそれはそれは大変ですね。 本流で数も狙えますが鼻と尻尾の長い四万十川独特の海産鮎を釣ってください。
 釣行のベスト時期は?  解禁日などは変更となることも多いですので確認してください。
 本流上流は5月15日から解禁になります。大野見村から家地川堰堤までです。
 解禁当初は大野見村から松葉川が良いですね。6月下旬になりましたら窪川から大野見境までが良くなります。7月
 に入りましたら大きいので26cmほどの物が釣れたりもします。
 7月下旬には火振り漁が解禁になりかなり釣り場の選択に苦労するかもしれませんが場所を見つけたら面白い釣り
 が出来ます。12月31日までこの地区は釣りが出来ます。

 津賀ダム上流は6月1日解禁になります。
 水温が低いので上流部は初期には掛かりにくいかもしれません。初心者でも釣りやすい場所が多く専用区も多数あ
 りサイズ、数とも楽しめます。ここの鮎はすべて放流となります。
 8月には金突きや網漁も解禁となります。

 本流中下流は6月1日解禁となります。津賀ダム下流、家地川堰堤より下流です。
 解禁当初は大正町田野々より上流がサイズも良いですね。6月中旬より十和村、昭和地区なども面白くなります。
 7月半ばより西土佐村半家近辺から江川崎近辺まで楽しめます。


 本流は真夏には水温が35℃以上にもなって釣りは不可能な時も多いです。

r e t u r n

それではお待ちかねの?ポイント紹介をしましょう。
画像が大きくて重いです 右クリックでDLして楽しみますか?