1999年後半だよ!

 


1999年11月3日 野見湾 子供と一緒に



お弁当買って(おにぎり)おかあちゃんとはな垂れ小僧2人と一緒に行って来ちゃった。
出撃時間はおそかって帰ってくるのは一番先(^^;ゞ

釣ったお魚。ベラ。ベラ。ベラ。ベラ。ベラ。ベラ。ベラ。........................ベラ。
何と道具箱忘れて途中で色々買ったけど安い買い物だったのかな?
ハリス、鈎、オモリ、エサ、お菓子、ニャ(^O^)



1999年10月28日 鈴木君釣行記だよ

先日のバラシであったま来ちゃったのでrevengeじゃ〜〜〜〜〜。

友達から電話。スズキはボツボツ釣れてるから行こうぜ!って連絡が入る。とこ
ろが彼は何とバラシの連続でスズキ釣ってるのが3匹だ。(一週間) アカメは?
一匹はアカメらしかったけど良くはわからない。にゃはは、へたへたo

昨夜は友達の91cmのスズキを見せびらかされた(;;) もう全くぅ(ーー; 最近僕ボ
ウズなのに(;;)

さてさて、出発の時刻だ。と言っても22時は過ぎてる(;;) ロッドは何と14フィ
ートのシーバス用? 一応ルアー竿だけど....大昔のじゃ。ガイドはSICに変え
てる。ガイド代の方がロッドより高い?(^^;ゞ 竿尻には投げ竿の元をエポキシ
で付けている変なやつ(自作)でも、一応カーボンの日本製。

リール。ダイワの4000だけど、ちょっと難あり。何がって?ドラグが固まってる
のとラインローラーが回らない、と、ラインは一応PEだけど10年はたっている。
まだある。 要するにこんなの使うか?っていうやつなのだ(^^;ゞ 何でこんな
の使うのか?と言うと他のリール全部ばらしてぐちゃぐちゃになってるの(;;)
組み立てるのに1時間は部品拾いでかかりそうじゃ。あ、今は修復完了(*^_^*)
15個?のリール全部一緒にバラバラにしたら何がなにやら(ーー; そうそう、此ね
普段は一個ずつバラスのだけど子供が一緒にねじ回し遊びたいというモンだから
知らぬ間に............(ーー;

この画像は危ない人です(^^;ゞ怖いよ〜

さて、友達と出発。ところが何とルアーを忘れてきた(;;)アホー 取りに帰る時
間もないし友達は貸してくれると言うけど釣具屋へ寄って2個仕入れた。 何と
K-TEN、一個¥1.000だった(*^_^*) 

時間は過ぎてる.....がやらねば。 とにかく別々に分かれて投げることになる。
友達はすぐにヒット。え〜〜〜〜、もう来たの? 60cmほどのスズキ。写真を撮
って即座に放流、その間1分もかかってない。慣れたモンじゃ。 釣れた場所が
メチャ気になる(^^;ゞ ところが僕にもホームラン>^_^<ぎゃははははは〜〜

おうおう、こりゃ引く。引く。ヒクヒク。ヒクヒクヒクヒク。ひっく?酔った?
まだ引く。リールはハンドル逆転の嵐じゃ〜ワハハハハハハ

引く?ひっく(;;) 何かに引っかかっ(;;)。 お魚ちゃん逃げた。ルアーは回収。
逃げるなぁぁぁぁぁぁぁぁぁ。 友達はそれ見ていた。 「まだぼうずじゃ!」
だと。(`ヘ´) プンプン。 

最近バラシがメチャ多い。ま、余裕のリリースじゃ(ーー;
友達はそれからというもの全くアタリもない。僕?アタリ無い(;;)

此はどうもロッドが悪いのかそれともリールが悪いのか?ルアーが悪いのか?当
然腕前は最高だからそれは除けておくことにして o(゚^゜)○☆バキッ!

う〜ん、困った。

突如友達の高笑いが聞こえてきた。 急いで駆けつける。でかいスズキと格闘し
ている。  当然彼はへたなのでばらしてしまった。~(^◇^)/ぎゃはは
よく見るとバッタモンルアー使っている。 彼に良く言い聞かせたのは言うまで
もない。高級ルアー使わないと逃げるぞって(^^;ゞ も一つおまけにそのバッタ
モンルアー、値切ったやろう?  おまえがくれたバッタモンじゃって言われた
(^^;ゞやぶ蛇だったぁ〜

 僕にはアタリもない。が、彼には何と4回もアタリがあった。いかん。バッタ
モンルアーがほしい(^^;ゞ 高級ルアーに食いつかんとは。滅多に使わないのに
ね。

ふてくされてルアーを思いっきり投げたら切れた。くそ〜〜〜〜〜。
ルアーを付けるか止めるか考え中。思い切って最後のルアーを付けた。リーダー
は彼からパクッテいるのは言うまでもない。内緒だけどポケットにフックカバー
の無いルアー入れてた(ケースには入っている)此がはみ出てはずれないのって
なんのって(;;) ポケット破けたじゃんか。ハサミも無いので余分な糸が切れな
くてヒゲのようにルアーから出ている(^^;


めいっぱい投げたいのをぐっと我慢してちょこっと投げちゃう(^^;ゞ
やっぱりアタリ無い。友達がボツボツ止めてこっちへ来る。
ラスト5投で! 来い来いス〜さん。来い来いスーさん。呪文を唱えること5回?
覚えてる分けないじゃんバキッ!!☆/(x_x) 

来た〜〜。ヒットじゃないホームランじゃ〜〜〜。ウソ言うなっていわれた。
でもヒットだもん(*^_^*) 突如引きが強くなって????ひくひく。(^ー^)
脳裏には「バレルな」「逃げるな」「はずれるな」「切れるな」がぐるぐるよぎ
る。

オヨヨ。結構引くのは良いけど引きすぎだ(*^_^*) 重量は余り感じないけどイ
ヒヒ。 おい、10分たったぞ。 それほど時間が掛かった。ゆっくり姿見せてき
たのはスズキ君だ。口にしっかり掛かっているが良く引いた。ギャフを忘れてる。
やばい。彼曰く一回10万円だと。 高いじゃんか。値切る。いくらにする?
ん〜〜〜5円。 よし、手を打った(^ー^) 

彼の5円のギャフはボロだった。 仕事には差し支えないけどボロだ。ボロボロ。
マジにボロ。そのボロのギャフでスズキは取り込めた。僕が釣ったスズキ君には
申し訳ないボロのギャフだった。 

高級ルアーのK-TENって釣れるのね(*^_^*)

その後ラーメン食って帰ったけど何故かラーメンおごらされた。ボロのギャフが
ラーメンに変身した(^^; そうそう、ラーメンは「みそカツ」の大盛り食われた。



【ID  】EZF01624
【ハンドル】ぺこぺこ
【釣行日 】1999/10/28
【時間  】22:30〜01:00
【都道府県】高知県
【会議室 】なぶら
【対象魚 】スズキ
[ポイント]春野町の海岸
[気象状況]晴れ
[水温  ]?
[潮   ]中潮
[水況  ]?
[ロッド/リール]14f /DAIWA 4000
[ライン/システム]ラインPE2号だったと思う/リーダー8号 クルクルノット?
[ルアー ]\1.000のK-TEN 
[リトリーブ ]棒引き、スロー
[釣果  ]96cm 7.3kg
[備考  ]みそカツラーメンの大盛り食われた。


1999年10月20日 水曜日

 久しぶりの釣行記でも書こうかなってなもんで今年は書く時間が無く
て...(^^;ゞ

 始まり〜〜〜〜〜〜〜(^^)//゛゛゛パチパチ

昨夜いっぱい用事をしてたら何と朝の7時になってた。ありゃりゃ。で、今日は
釣りどころじゃないぞと思ってた所ジョージバキッ!!☆/(x_x) 子供を学校に迎
えて嫁さんの実家へ遊びに行くことになったのだ。

その実家は何と歩いて1分ほどで海に出るのだ。その海には何がいるって?(^O^)
4時過ぎに一人のこのこ歩いて出かける。堤防のちっちゃいのの横にはテトラが
いっぱい入っている。テトラには上がれないぞ。

堤防の先にはと言っても先は元から80歩ほど(*^_^*) そこにはチヌ釣りのおっ
さん達がうようよ居たのだ。堤防は2本延びてるが西側が良いか東が良いのかま
ったくわかんねぇ。解らないから堤防の真ん中は海だからそこを狙っちゃえ。
堤防から堤防へは届く距離だぞ。チヌ釣りのおっさん達に迷惑かからないように。

ちなみにチヌは釣れてなかった。ボラは釣れていたけどね。

早々にとんでもなくバッタモンのミノーをセット。9cmのだけど\500だ。それで
びゃ〜んと投げるけどラインのナイロンが...くるくるぱ〜〜〜(;;)
しゃーないから20mほど切ってポケットへ入れる。

('-'*)フフ 第二と梅違う変換が違う第二遠目、ルアーの鈎に糸がからんでる。
三遠目。またまた絡む(;;)投げ方が悪いのか(;;) 思いっきりルアーのせいにし
ちゃえ。で、同じく\500の11.6cmに変える。これはOK。絡まないぞ(*^_^*)
絡まないのを喜ぶなって。

おおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお

「お」がいっぱい。アタリがある予定がなかったのに?何とヒラセイゴちゃん。
きたきた。引き抜くと40cm程だけど尻尾がない。何かに食われていたのか?
リリース。(ーー;

また来た。引き抜くときにはずれちゃったブーブー。これも40cmほど。また来た
(^O^)入れ食い。俺って名人じゃ〜〜〜〜パーンチo(゚^ ゚)○バキッ!!( -_-)=○
と思ったのもつかの間はずれた(ーー;

 アタリが3回でキープ0(;;) 

そうこうしてるうちにチヌ釣りのおっさん達は帰る準備を始める(*^_^*)
色々話しながら「はよ〜帰れ」と思っちゃうのだ(^^;
ここのチヌ釣りのおっさん達は帰り際に皆さん水汲みバケツで堤防を流している
のには感心だったぞ。凄くきれいだったモンね(*^_^*)

5時30分頃には全員お帰りになってしまった(*^_^*) そこで先の端に移動し
て投げる。ぶんぶん投げる。アタリ無い!

海面見ていると小魚が逃げてる。(^^;ゞ楽しいなぁ。でもアタリはない。

ちょっと奮発して高級品の14cmをつける。びゃああ〜〜〜んと  絡んでる(;;)
水面をくるくる回ってくる(;;)

何回もくるくる回るのが 竿先に伝わるのだ(;;) そのうちに何か引っ掛けてき
た。何と水面近く引いてるのに「エギ」を引っ掛けてきた(??) 当然ラインが付
いてるのだ。

テトラ際を引くと「ぎゅわぁ〜〜〜〜〜〜〜〜〜ん」ガオガオガオとすんごいア
タリ。ドラグリール使っていたのだけどギャ〜〜〜〜〜〜〜と出て..........

    切れた。 でかい。

同じルアーをもう一個持ってるので即セットしようと思うとラインがズタズタ。

北西の風が吹いてくる。西を見ると夕日が沈みそう。夕焼け。私のかっちょいい
シルエットが堤防に栄える(*^_^*) と、ところがシルエットには..夕日にもか
かわらず腹の近辺が出たシルエット。これって皆さん想像できる?(T_T)

よっしゃ! 仕掛け完了! ぶいっと投げちゃう。防波堤の際まで丁寧に引いて
くると突然やつは出てきた。推定80cmのアカメ。リールは「いや〜ん」と泣いて
るが竿はブイブイ楽しんでる。(^_^)(^_^)(^_^)(^_^)( ^ _ ^ )

テトラ、そこにあるテトラをお魚ちゃんはくるくる回って挙げ句の果てにテトラ
に潜り込んだ。5分経過。付いている気配はある。出てこない。

電話しょうかと頭をよぎる。誰にって?テトラの魔術師に。電話した。
「ダメじゃろね」だね。 もし釣り上げることが出来たら電話すると言って切っ
た。当然電話しなかった(;O;)

電話し終わるとあっさり切れたのだ。もう全く...(ーー;

今回はこれぐらいにしてやる!と言って立ち去ろうと思ったがエギが有る。
エギつけてブイっと投げちゃった。来た来た。アオリー。はずれた。
また来た。携帯に友達から...はずれた。(ーー;


中四国OLMに参加できなかったし書き込みも殆ど出来なかったし.....


【ID  】EZF01624
【ハンドル】ぺこぺこ
【釣行日 】1999/10/20
【時間  】16:00〜18:00
【都道府県】高知県
【会議室 】なぶら
【対象魚 】シーバスのつもり
[ポイント]南国市
[気象状況]晴れ
[水温  ]高い27℃は有りそう
[潮   ]中潮
[水況  ]綺麗
[ロッド/リール]G 12f/DAIWA 5000番
[ライン/システム]ライン30ポンド/リーダー50ポンド クルクルノット?
[ルアー ]\500のバッタモンシンキング9.6cm、11.4cm&高級品14cm
      名前がわかんね(;;)
[リトリーブ ]棒引き、スロー
[釣果  ]ボウズ
[備考  ]全部逃げた(ーー;


みなさん、こんにちは。

 今年二回目の?鮎釣り(;;) 

 今年の高知県は超悲惨で四万十川上流では7月20日から8月20日までの一ヶ月で
年間降水量をはるかにオーバーする雨雨雨雨雨。3日で1000ミリ、4000ミリ以上
降ったのだ。

 本日久しぶりに様子見てきましたが長さはあっても「うるめ」みたい。痩せて
る。

 普段より遥かに早い8時前に江川崎で竿を出す。カヌーの練習を沢山していて
まあ何というか...そのカヌーが体当たりしてくるし。ま、超初心者の練習場だ
から。釣りする方がおかしいか?

 まだ下りには入ってないようだし婚姻色も全く出てない。長さは27cmあっても
魚体7寸の鮎だ(;;) 面白くない。引きも四万十らしくない。アタリもぐちゃぐ
ちゃとするのばかり。

 や〜めた。で半家近辺へ場所移動。

 垢は流心にも付き始めてきてる(#^.^#) とりあえず背肩の流心の岩盤へオト
リを泳がせた。平水より30cm程高いので此がなかなか。今年2回目だからと言う
訳じゃないのだけど竿がぶれてぶれて思い通りに操作できないぞ!

 ようやく岩盤へ辿り着かせるとチュィーンと来た(^.^) いきなり瀬に吸い込
まれたが無事に取り込めた。(^^;ゞ 

 ナイショの話(^^) 実はこのオトリ君曳舟から玉編みに出したところ音もなく
飛び出て上流へ逃げ去った(;;) ところが3秒もしないうちに何を思ったか私の
方へ一直線?素早く玉網を浸けたらオトリ君はしっかり入ってました(^.^)

 その後ボツボツ掛かるがサイズが小さい。24cm越えるのはまれで18cm位のも釣
れてくる。

 小休止! ゴージャスなおにぎりと卵焼きのお弁当だ。

 お弁当が終わり(;;) また釣り再開。 でっかい岩盤の上流からその岩盤の際
を狙う。来た来た、サイズは大きくないようだから抜くか岩盤の向こう側を回す
か?向こう側を回すとかなり下流へ寄せないと取り込めそうにない。抜きにかか
る! 

 ぐしゃ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!

 元竿が折れた。手元にはハカマ状態の元竿。ありゃ?????
そか、竿だ。折れた先は岩盤の向こう側を流れようとしてる。何とか手が届いた
が私も一緒に岩盤の向こう側に流れる、あへ〜〜〜〜〜。

 泳いだ泳いだ(;;) 流れはきついし....竿は取れたが鮎は切れてた。

 トボトボオトリ缶の所へ帰ってきたら転んだ(;;) 痛いやんか!

 その後は竿を変えるのも面倒なのでそのままつかっちまった。


【ID  】EZF01624
【ハンドル】ぺこぺこ
【釣行日 】1999/09/01
【時間  】AM08:00-PM16:00
【都道府県】高知県
【会議室 】清流
【対象魚 】鮎
[河川名 ]四万十川
[オトリ ]2匹(友達から貰ってきた)
[天気  ]曇り一時雨
[水温  ]28度 水温低い。
[水況  ]30cm増水
[釣り方 ]引きずり泳がせ
[竿   ]がま引抜瀬9.5m
[道糸・ハリス]東レメタル0.225 
[鈎   ]アステアチラシ Gハードチラシ (松葉)
[オモリ ]2〜5号
[釣果  ]28匹 18cm−27.5cm
[備考  ]うるめ鮎? 四万十川の鮎の引き&アタリと思われるのは2匹のみ。
      凄く疲れた(;;)元竿なんか折れるな。

[ホームページへの釣行記、データの転載] 可


1999年07月14日  四万十川鮎だ〜〜〜〜〜〜

 やっと四万十川へ鮎釣りに行くことが出来ました。

 何と言っても今年は今まで2時間しか竿出してなかったので欲求不満で...

早朝4時。出発。 友達で私の師匠格のMさんと昨年から始めたF君の3人だ。
朝食のおにぎりと御茶を仕入れ車はどんどん四万十向けて制限速度内で進む。

おにぎりの横にはメチャ美味しい厚焼き卵が入っているのだ。おにぎり2個食べ
た。フフフ太る。

 三島のオトリやさんで4匹オトリを買う。私たちは人数分プラス一匹買うのが
普通なのだ。あなたのオトリは私の物形式だぞ(^^) 

 釣りって場所が第一だけど、四万十川は此が凄いのだ。場所間違えるとボウズ
も覚悟だからね。ま、此は大きいの狙うときだけど。

 西土佐村の半家へ着く。 早々に身支度して川へ。暑い! 

 兎に角新人さんに釣ってもらわなくっちゃ。釣りやすい所を100mほど開ける。
この瀬は約500m近くあると思うけど3人が丁度なのだ。普通の方には理解でき
ないかもね。

 いざ釣り開始。とにかくオトリを何とかしなくては。Mさんと話しながら2人
で釣る場所へ移動。私が最上流の緩やかな瀬、ただしナマリは2号ほど使います。
養殖鮎を苦心してオモリ泳がせ。あったり〜〜〜〜〜〜〜〜。まずは海産鮎一匹
GET(*^_^*) 約22cm有るがまだ最盛期のようには引かない。
オトリを変えて出撃してもらう。そういえばまだ鮎ちゃんに挨拶してなかった。

 まいど!鮎ちゃん。私のに釣れてね。

此が効いたか?即アタリが。結構引いたのは25cmほどの海産。まだまだ引きが足
りないぞ。 此も出撃命令 おおおお泳ぐ泳ぐ。 ん???ガリっと感じたとこ
ろ何か下流へどんぶらこっこ。くる?  エビがきた〜〜〜〜(;;) 切れた。
何しろエビは切れる。 あああああああああああああああ 逃げた(;;)

 仕掛けを変える。最初は0.2号のメタルだったが天井糸の繋ぎ目から切れたの
だ。んで、今度は0.225のメタル。 此しかない。水中糸の仕掛けは此が最後だ。
もしなくなったら(^ー^)ノ友達からかっぱらうのだ。人のふんどしじゃ。

 所が此が切れない切れない。最後まで持った。

 新人さんは苦戦してる。掛かってもバラシ、親子でポン。底へは繋いでくる。
私とMさんとがオトリ缶に入れる入れるは。 使ってちょうだい。 本流は難し
いのだ。

 3時頃まで休んだり話したり、釣ったり? で時間が過ぎた。

 その後場所移動して新人さんに小さくてもマイナスにはなって欲しくなかった
のでチョコット釣れる場所へ。4匹釣って彼は+-0だ。

 まだまだ本格な引きではないが最近無かったのでとっても満足(*^_^*)


  釣果の一部。右は海産鮎の鼻、長い? 尻尾も長いし先は丸くないぞ。

見えにくいかもです。この鮎は22.5cmほどです。
もう少し先になるとますます長くなるよ。

【ID  】EZF01624
【ハンドル】ぺこぺこ
【釣行日 】1999/07/14
【時間  】9:00-17:30
【都道府県】高知県
【会議室 】清流
【対象魚 】アユ
[河川名 ]四万十川
[管轄漁協]四万十川東部漁協(年券:6000円)
[オトリ ]人数+1匹
[ポイント]半家
[天気  ]晴れ
[水温  ]?
[水況  ]平水
[釣り方 ]友釣り
[竿   ]Gamakatu 引き抜き瀬9.5m
[道糸・ハリス]天井糸1.2号 水中糸メタル0.225バリバス
[鈎   ]鈎:チラシ9号+シーガー1.5号
[オモリ ]0〜8号
[釣果  ]15匹(15〜25cm)
[備考  ]まだ本格な引きではないが鼻は長くなってきてるし尻尾も長くなっ
      てきてます。15匹でバテバテ(^^)


1999/07/07 宿毛へ鯛釣り。

土佐KAZさんと出撃することのなったのですがMilkyWayさんはどうしても仕事で行けなくなって残念。

5時過ぎ出船。 目指すは鯛ポイント(^^) すぐに到着。早々に竿を出す。今日は釣れそうな予感がしてそれも大物が、で、仕掛けも大きいのだ。30分ほどやるがな〜んにもアタリはないぞ。 場所移動。 大浜へ行くことにする。

大浜到着だが東の風が結構吹いてる。 水深50m ここで釣れる鯛は大きいのも多いのだ(*^_^*) しかし本日はアタリすらない。
よっしゃ〜、2人とも昨日の仕事が忙しくて寝てないので早々に昼寝?いやいや、朝寝だ。15分ほど寝る。気持ちいいのだ(*^_^*)

何カ所も場所移動するがな〜んにも釣れないのだ。何と土佐KAZさん得意のエソも釣れない。 お昼までに釣れたのは引っかけたカワハギと10cmほどの鰺、64リットルのクーラーにはこれだけ(;;) 土佐KAZさんは.....................

じゃ〜〜〜〜〜〜〜〜ん。来た来た。鯛が来た。>^_^<ぎゃははははは−(爆笑) 嬉しい。チダイだ。40cm 
土佐KAZさんは一回切られた。結構大きそうな「エソ」(。_゜☆\ ヘ゛キハ゛キ  鯛か?

魚を触っても冷たいので水温が低いのか? とりあえず水深の深いところ浅いところ、色々試すが釣れない。
3時頃になって風が少し弱くなってきたので風表の久吉へ移動。 ここで土佐KAZさんにヒット! 結構引いてる(*^_^*)本人曰く
此逃がしたら洒落にならん! 慎重に取り込んだのはまぎれもない変鯛、笑ったのは言うまでもない。しかし変鯛でも鯛は鯛なのだ。当然キープ。

 変鯛だ〜〜〜〜。

 色は汚くて尻尾も擦れてる。 条件の悪いときはこんなのが良く釣れます。
 私にも2匹変鯛が釣れた。

 土佐KAZさんは今回竿おろしとリールおろしなのだ。良かった良かった鯛が釣れて。 当然変鯛だけ釣った訳じゃないのでそこの所間違わないでね。

 
 おおおおおおおおおお、土佐KAZさん、ダブルで釣る。此は凄き綺麗だった。

 

私にも時々あたるのだ(*^_^*) 変鯛も1匹。しかし綺麗な鯛も多いぞ。此は私が釣ったのです。

手前がマダイの45cm、その向こうがチダイの43cm 大鯛は釣れなかった。

  
 結構綺麗でしょう。土佐KAZさんも綺麗な鯛釣ってますよ。  左がチダイだね。

 結局鯛は私が6枚、土佐KAZさんは4枚。 凄い貧果でした。 MilkyWayさん共々再挑戦だ。

戻る。